ソフトバレーボール簡単ルール




1.コートと用具

 ・コートは、13.40m×6.10mの広さを持つ(バトミントンコートの外側ラインで可)。

 ・すべてのラインの幅は4cmで明るい色で床や他のラインとも異なる色を使用する。

 但しセンターラインは引いて無いところが多いので、必要に応じてラインテープで引いて下さい。

 ・ネットの高さは2mとし、幅80cmのネットを用いる。(バドミントン用の物でも可)

 ・ボールはゴム製で重さ210±10g、円周78±1cmを使用する。なお、色については規定

しない。

 

 ・アンテナは、ネット上端から1m上方に出るように、両支柱の外側の縁に接するように取り付ける。

 

2.チーム編成

 ・チームは監督1人、マネージャー一人、キャプテンを含む競技者4人と、4人以内の交代競技者で

  構成される。監督、マネージャーは競技者を兼ねる事が出来るが、その結果、競技者、交代競技者

  の数が規定を超えることは出来ない。

 

3.競技参加者の権利と義務

 ・競技参加者は、競技規則を尊守し、試合中、常にフェアプレーの原則とその精神に基づいた行動を

とらなければならない。

 

4.基本的なルール

最初は「とりあえず3回以内で相手のコートに返球する」ことから初めて結構です。

 

○得点

・得点は全てラリーポイント制(サーブ権が無くても点数が入る)で1セット15点の3セットマッ

チ(先に2セット取った方の勝ち)となっています。1414の同点になったときは2点差がつくま

で続ける。ただし17点で試合はうちきられ、17点を先取したチームが1点差でも勝者となる。

 

○サーブ

・サービスは1回とし、主審のサービス吹笛後すみやかにボールを打たなければならない。

ルールでは片方の手または腕で打てば、どのような打ち方をしても良いことになっています。

 (注 釈)

サービスのトスは、一度しかできないがボールを手の中で動かしたり、タイミングをとるために床

にドリブルすることは許される。また、ボールをトスせず、片方の手の平にボールを乗せたまま、

ヒットしてよい。

 

・サーブ権を得たチームはローテーション(時計回りに一人ずつ移動)し、バックライト(右後ろ)

の選手がサーブを打ちます。

 

○レシーブ、パス等

・チームでボールに触れる回数は3回までと決まっています。但し一つ例外としてブロックの接触は

回数に入れないと言うことです。つまりブロックに触れた後、もう3回接触出来るわけです。

「ボールがネットにかかったらもう一回‥‥」とよく耳にすることですが、ソフトバレーボールで

はそんなことは一切ありません。ブロック以外は全て3回以内と覚えて下さい。

 

 ・ボールは、身体のどの部分に当たってもよい

 

 ・同一チームの2人の競技者が同時にボール触れたときは、1回触れたものとみなす。この場合、い

  ずれも引き続いてそのボールにふれることができる。

(注 釈)

  チームの第1レシーブの打球のとき、ボールが身体の2箇所以上に連続して当たってもよい。ただ

し、その接触は、一つの動作中のものに限られる。

・ソフトバレーボールでは(他のバレーでも同じです)ボールを持ったり、運んだりしてはいけませ

ん。しかし、これもレベルに応じて「ちょっとあやしい」と言う程度は反則にしないで下さい。

 

○ネット付近のプレー <H22年度改正>

(タッチ・ネット)

・インプレー中、ネットに触れたすべてのプレーはタッチネットの反則になります。

但しコートにボールが落ちた(ボール・デッド)後、ネットに触れても反則にはなりません。

(注 釈)

  ボールをプレーしている間(イン・プレー中)はプレーに関わっていなくても反則となりました。

   

(オーバーネット)

・ネットを越えて相手側のコート上にあるボールに触れてはいけません。

この判断の基準はボールと身体の接触点がネットを越えているかどうかで判断して下さい。

(注 釈)

6人制ではブロックの場合のみオーバーネットが許されていますが、ソフトバレーボールではブロ

ックを含め全てのプレーにオーバーネットが適用されます。(ここが一番の特徴)

 

(注 釈)

アタックヒットとブロックが同時に接触した後、ボールがコート外に落下した場合は、落ちた側の

勝ちとなります。この場合、落ちた側の反対側のチームの競技者が最後にボールに触れた、と解釈

します。(ブロック側とかアタック側とかそれぞれのフォームで判定することではありません)

 

・サービスされたボールをブロックしたりアタック・ヒットする事は反則になります。

 

 

≪主な反則≫

 

 ・オーバータイムス(ボールへの接触回数がブロックを除いて3回を超えた時)

 ・ホールディング(明らかにボールが止まるようなプレーがあった時)

 ・オーバーネット(ネットを越えて相手側のコートにあるボールに触れた時)

 ・タッチネット(インプレー中にネットに触れた時)

 ・ドリブル(明らかに同一競技者が2度続けてボールに触れた時。但し、第1レシーブはとらない)

・パッシング・ザ・センター・ライン(センターラインを完全に超えて相手コートに触れたとき)

 

以上最低限必要なルールだけを挙げてみました。ゲームを楽しみながら徐々に覚えて下さい。

 

追 記

試合の準備と進行

 

1.キャップテンのトス

公式ウォームアップに先立ち、両キャップテンがトスを行う。勝ったチームのキャップテンは、
サーブ権またはコートのいずれか一つを選ぶ。

最終(第3)セットが行われる場合、主審はもう一度トスを行う。

 

2.競技者の位置とローテーション

(1)サーバーを除く両チームの競技者はサーブが打たれた後はどのように移動してもよく、

   プレー上の制限はない。

(2)ローテーション

 1)サービス権を得たチームの競技者は時計回りに一つずつ位置を移動する。

     ) ローテーション順は、そのセットのスターティング・ライン・アップにより決定され、

            変更する事はできない。

  (3)各セットのポジション

      各セットの開始前までにチームのライン・アップ・シートを副審に提出しますが、並び

      方は各セット全く違っても構わない。

 

3.競技中断要求

  (1)タイム・アウト

    各チームに1セットにつき最大2回のタイム・アウトが認められる。このタイム・アウトは

      1回につき30秒とし、コート内の競技者はべンチ近くのフリーゾーンに出なければならない。

  

(2)競技者の交代

     1)各セットの競技者交代は、4回(4人)以内とする。

     2)交代競技者は、1セットに一度だけスターティングメンバーと交代して競技に参加でき

るが競技から退く場合は同じ競技者としか交代できない。

4.コートの交代

   (1)最終(第3)セットを除き、それぞれのセット終了後、チームはコートを交替する。

   (2)最終セット、一方のチームが8点に達したときは、直ちにコートを交替する。競技者の

位置は交替時のまま引き継がれる。

5.サービス

    第2セットの最初のサービスは、第1セットで最初にサービスを行わなかったチームによって行われる。